日本人の労働嫌いはどこから来るのか考察してみる

「日本人は真面目で勤勉」

なんてのは大嘘もいいところ

日本人は根っからの労働嫌いなんです。

それほど労働が嫌いでも、他に稼ぐ方法がないから労働するしかないだけ。それが真面目で勤勉だと錯覚してるだけです。

そういう日本人の労働嫌いを考察

日本の労働環境は悪化し続けているのが分かるデータ

こういう面白そうさ記事を見つけました。

↓ 日本の賃金、低すぎる? 国際比較と春闘の推移から考える“豊かな日本の残像”

図は、各国の平均賃金を購買力平価で換算してドル表示したものである。購買力平価換算とは、物価水準などを考慮した各国の通貨の実質的な購買力を交換レートであらわしたものだ。例えば、同じマクドナルドのハンバーガーの価格が米国で1ドル、日本では100円である場合、1ドルと100円は同じ価値と見なして換算される。

G7の順位をみてみると米国、ドイツ、カナダ、イギリス、フランス、イタリア、日本の順だ。金額比をみてみると日本は米国の58.7%、ドイツの72%、イギリスの81.8%である。15年時点で日本は韓国やイタリアを上回っていたが、19年では韓国とイタリアに追い抜かれてしまった。

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2103/01/news089.html

2015年は韓国・イタリアを上回ってたのに、自称先進国の日本は2019年に追い抜かれてしまったみたいです。

もちろん実質賃金・デフレ率・労働時間を加味すると、また違った結果になるのかも。実際、日本は長らくデフレが続いています。

平均賃金が低くても、労働時間も少ないなら救いがあります。

でも日本ってサービス産業って言葉が最近まであったし、karousiなんて言葉が海外で通用するらしいです。労働時間の少なさなんて期待もできません。

非正規雇用が増え続けている

労働環境が悪さを示すデータがもう1つあります。

とあるサイトでこんなを見つけました。

↓ 非正規雇用の2002~2020までのチャート

2002年~2020年までの非正規労働者ののグラフ
出典 : https://www.nippon-num.com/economy/proper.html

↓ 正規雇用の2002~2020までのチャート

2002年~2020年までの正規労働者ののグラフ
出典 : https://www.nippon-num.com/economy/proper.html

これみると非正規雇用も増えてるけど、正規雇用も急激に増えてるように感じます。いわゆるアベノミクスの恩恵というやつです。

でも2014年から比較すると正規・非正規ともに200万人増加してます。つまり非正規の人たちが正規社員になってる訳ではないってことです。

正規はようやく2000年の水準に戻ったばかりであり、この増加ペースが守られるとも限らないです。

諸悪の根源である竹中〇蔵が国民の非正規化を進めているのは、非正規が右肩上がりで増加してるのを見ても分かるはずです。

日本人を労働嫌いにしてる理由を多角的に考察

こういう理由があると個人的に考えてます。

自分で稼ぐ手段を教えてもらってないから

日本の学校は従業員育成機関です。

学校で金融教育をしたり、ビジネスを興して自分で稼ぐ手段なんて教えてもらえません。教えるとサラリーマンが少なくなるからです。

そうなると自然と労働の道に進むしかなくなる

本当は他の道もあるのに雇われて働くしか知らない・苦労してきたのに毎月もらえる給料は一定…それを無自覚に意識するとストレスが溜まっていきます。

他人に収入を依存するってことは生殺与奪を雇用主に握られるってこと。それだから嫌な人間関係も我慢しないといけないし、残業しないといけなくなります。

自分で稼げないのが労働嫌いの原因

SNS・YouTuberでキラキラした人が目に入るから

みんなが憧れるような生活をしてる人

  • Twitterの意識高い系お金持ちだったり、
  • 楽して稼いでそうなYouTuberだったり、
  • 仮想通貨で億り人になった投資家だったり、

SNSがない頃は芸能人が一般人の憧れだったけど、今ならTwitter・YouTuberを開けばいくらでもキラキラした人が目に入ります。

そういうのを見ると「なんで自分って働いてるんだろ」「こういう人たちは楽して稼いでるのに」と思いがち。労働がますます嫌いになっていきます。

しかも嫌でも目に入ってくるから辛いww

日本はエセ共産主義からの脱却を始めたから

日本は「最も成功した共産主義」と呼ばれてます。

資本主義だと思ってるのは日本人だけです。

↓ 成功した資本主義と呼ばれてる理由

終身雇用というのは、なにも経済人のみなさんがやりだしたわけではない。1939年に制定された「国家総動員法」のなかにある「会社利益配当及資金融通令」や「会社経理統制令」で株主や役員の力が剥奪され、国のコントロールのもと、とにかく生産力をあげるために企業という共同体に国民を縛り付けておくひとつの手段として始まった。

ついでに言えば、これはなにも日本人の発明ではなく、世界恐慌をのりきったソ連の「計画経済」をまんまパクったものである。国が経済発展を計画的に進めて、国民は国が規制をする企業に身を投じて一生涯同じ仕事をする――。そんなソ連モデルが日本人にはフィットした。日本が「世界で最も成功した社会主義」なんて揶揄(やゆ)されるのはそれが所以だ。

itmedia.co.jp/makoto/articles/1304/09/news022_2.html

元々は終身雇用は戦争中に始まったもので、しかもそのルーツがソ連から来ているとのこと。

資本主義なのに雇用の流動性がないとかおかしな話だし、無能な人間が窓際族とかいって雇われ続けるのも共産主義だからできたことです。

でも現在はそこから脱却してる過渡期

政府が「貯蓄から投資へ」とスローガンをかかげてるのも、日本をまともな資本主義に叩き直すためです。色々批判はありますが・・・

そして日本が共産主義だと気付いた人間も増えてます。

自分もその一人であり、日本が共産主義だと知ってから日本で働くのがバカらしいと気づきました。

本当の資本主義なら稼ぐ手段は労働だけではありません。個人のスキルをいかして独立もできるし、いくらでもレバレッジをかけて稼げるのが資本主義なんです。

この事実を知ると労働嫌いになる

労働せずにFIREして生きていくのが利口

日本人の労働嫌いの理由として、

  • 自力で稼ぐ手段を教えてもらってないから、
  • SNSでキラキラした人を見るようになったから、
  • 日本が成功した共産主義だから、

この3つが主だった理由だと考えました。

そしてこの3つは「労働がゴミ屑」であるという事実を我々に突き付けてきます。精神を壊してまで苦労して働く人は、その人の生き方がおかしいだけです。

これからは「生涯現役時代」とか国が仰ってますが、それを真に受けるかどうかは我々一人一人の問題です。

自分はFIREによるセミリタイアを目指すことにします。

皆様の人生に幸あれ (´・ω・`)