FileCoinマイニングをFilPowerでやった結果【毎月のマイニング記録】

前々から興味のあったFileCoin

IFPSという分散ファイルシステムだったり、Googleが採用を考えてるという話だったり、新しいインターネットインフラとして期待されてます。

そこでFileCoinマイニングしてみました!

ただし個人でできる条件ではないので「FilPower」というサービスに代行させてます。その毎月のマイニング記録です。

そもそもFileCoinとは何か IFPSについて

FileCoinについて一言で表すなら、

「分散型ファイルシステムで使われる仮想通貨」

分散型ストレージとも呼ばれてます。

↓ FileCoinについての概要

現在、全世界に存在するデジタルデバイス内のストレージのうち、約50%が利用されていないアイドル状態にあるという。Filecoinは全世界の空きストレージを有効活用するサービスであるといえる。

https://internet.watch.impress.co.jp/docs/review/1285154.html

全世界の50%のストレージが使用されてないみたいです。それなのにデータ量が増え続けてるから「なんとか活用したい」という思想で生まれたのがFileCoin

それから特定のサービスに依存しないので、

  • サーバーダウンが絶対になくなる
  • ストレージ市場に価格競争を起こさせる
  • 分散型だからデータ消失のリスク小

こういうメリットがあります。

FileCoinはIPFSを支えるためのもの

FileCoinで欠かせないのがIPFSというもの

IFPS = InterPlanetary File System

↓ IFPSとはこういうもの

IPFS(InterPlanetary File System)はProtocol Labsにより開発が進めれられているP2Pネットワーク上で動作するハイパーメディアプロトコルとその実装です。

現在のインターネットで主要なプロトコルであるHTTP(Hyper Text Transfer Protocol)を補完または置換するプロトコルとして位置付けられ、コンテンツ指向型1のプロトコルであるところに大きな特徴があります。

https://ipfs-book.decentralized-web.jp/what_is_ipfs/

ちょっと例を出して説明してみます。

今主流なインターネットプロトコルはHTTPです。ブラウザにURLを入力すると見たいページにすぐアクセスできる奴です。

↓ こういうURLでアクセスできるのはHTTPのおかげ

http://fireseikatsu.com/

このURLがあるからサーバーと通信ができるし、ブラウザから動画だったりTwitterだったりが見れるわけですね。

でもこういう弊害があります。

  • 公開したらURLを気軽に変更できなくなる
  • アクセスが増えたらダウンすることがある
  • サーバー管理者に全権限が集中してしまう

僕もブログ運営してて経験したんですが、一度記事を公開するとURL変更はまずできません。(SEO的な問題いだったり、リダイレクト的な問題があるから)

あとSNS(TwitterとかYouTubeとか)では、規約に触れる内容は削除されます。たとえそれが健全だったとしてもです。

それがHTTPの欠点だと言われます。

それを解決するのがIPFSという技術

↓ IPSFについての解説

このような問題を根本的に解決するためにIPFSではコンテンツ指向型のプロトコルを採用しています。

同一の内容であればどのサーバ上から取得したか?どの名前のファイルから取得したかなどという入手先はほとんどの場合で重要ではありません。そのためその情報の「場所」ではなく、「こういう内容の情報」というコンテンツの内容自体を直接指定して情報にアクセスする仕組みを考えることができます。これが「コンテンツ指向」になります。

これはHTTPに慣れてると理解が難しい…

僕個人としては「どうやってURLなしの仕組みを作るんだろう?」と疑問に思ってます。HTTPに思考が染まってますね笑。

そこはIPFS版の検索エンジンとか出てくるのかもしれません。あるいは全く別の仕組みが考えられてるのかも

とにかくIPFSがネットの未来を買えるのは確実です。

FileCoin(FIL)マイニングは個人では絶対にできない

なんとなくマイニングがしたいと思いました。

そこでマイニングの条件を調べたところ…

↓ とても個人レベルでできる条件ではなかった

128 GiB of RAM are needed at the very least. This should be complemented with 256 GiB of swap on a very fast NVMe SSD storage medium

https://docs.filecoin.io/mine/hardware-requirements/#general-hardware-requirements

↓ この英文の日本語訳

少なくとも128GiBのRAMが必要です。これは超高速なNVMeSSDストレージメディアでの256GiBのスワップで補完する必要があります

最初見たときディスク容量かなと勘違いしたくらい

とても個人で用意できる環境ではない…(-_-;)

そもそも128GBメモリなんてサーバーだったり、研究用で使うような代物です。少なくとも現時点(2021年)では個人が持つのは厳しい

ちなみに「メモリ128GB PC」でググると、研究用PCのページが最初に出てきました。それくらいのスーパーハイスペックってことです。

FileCoinマイニングをFilPowerに委任中

そこでマイニング代行サービスを使うことに

僕は「FilePower」を使ってます。

そこでは次のプランが用意されてました。(過去形)

プラン名ストレージ容量保証枚数価格
ブロンズ1.0TiB28枚84700円
シルバー4.0TiB112枚330000円
ゴールド16Tib224枚654500円
プラチナ40Tib448枚1287000円
ダイアモンド80Tib1120枚枚3168000円

この中のブロンズプランに申し込みました。

規約変更され保証枚数は減っている

ちなみに今は保証枚数は減っています。

↓ ブロンズ~プラチナの現在プラン内容

プラン名ストレージ容量保証枚数価格
ライト0.5Tib12枚88000円
ブロンズ1.0Tib23枚168000円
シルバー4.0Tib92枚660000円
ゴールド8TiB184枚1300000円
プラチナ16TiB368枚2580000円
ダイアモンド40TiB920枚6300000円

新しくライトプランが追加された模様

さすがに最低保証枚数をキープするのは難しいらしく、保証枚数が減っていく一方で値上がりしてますね。

ブロンズなんて保証枚数28枚 ⇒ 23枚になったし、価格は84700円 ⇒ 168000円に値上がり。早めに申し込んでて良かったかも

2021年のFileCoint(FIL)のマイニング記録

毎月記録していく予定です。

古い記録 ⇒ 新しい記録の順に並んでいます。

2021年6月末までの結果

現在「演算力充填中」と表示されてます。

2021年6月のFILPOWERマイニングの結果。現在「演算力充填中」と表示されている。実際に報酬がもらえるのは10月頃からの模様...

FILマイニングは始めたらすぐ開始されるわけではなく、半年程度は待つ必要があるみたいです。(詳しくはググれば分かる)

ブロンズプランを購入したのが2021年4月ごろ。

つまりそこから半年だからマイニング報酬がもらえるのは2021年10月頃かな(・・? おとなしく待つことにします。

2021年7月末までの結果

やっぱり「演算力充填中」と表示中・・・

ちなみにFILPOWERの規約が変更され、最低保証枚数がなくなりました。「ブロンズ」とかのプラン名も廃止され、容量保証型のプランになったようです。

契約済みプランには影響がないので良かった・・・(´▽`) ホッ

2021年8月末までの結果

なにやら「担保獲得中」という表示が・・・

FileCoinにはマイナーの不正を防ぐため、1TBごととかに担保が必要になるみたいです。それを獲得してる最中って意味ですね(こういう事情もあって個人単独でのマイニングは難しい)

いよいよマイニング報酬まで近づいてきた (^^♪

2021年9月末までの結果

まだ「担保獲得中」のままだが・・・

マイニング代行を始めてからもうすぐ半年経とうとしています。恐らくここからマイニング報酬が入ってくるのかな、と期待してます。(*´▽`*)

来月なのか再来月なのか分からないけど期待!